白髪染め おすすめ

白髪染め おすすめ人気ランキング!

髪が痛まない頭皮にも良い白髪染めが大変人気となっています。当サイトでは、若々しくいつもきれい綺麗に染まると口コミでも 人気、売れ筋のオススメしらが染めをランキングとして紹介しています。

利尻ヘアカラートリートメントは天然利尻昆布エキス配合無添加の白髪染めです。

毎日、使うたびにキレイに白髪が染まっていきます。
シャンプー後、トリートメントとして手軽に染めるだけ!
安心です♪


ルプルプヘアカラートリートメントはトリートメント感覚で簡単に染めることができます。無添加のガゴメ昆布白髪染めです。

3種類のカラーから選べます。
初回購入限定お試しキャンペーン中♪


バナー原稿 120×120 (120215)imp

レフィーネ ヘッドスパ トリートメントカラーは≪楽天1位≫レフィーネの新商品です!

これ1本で素手で簡単に白髪染めができます
優しい天然成分が何よりも良いです。
トリートメント&スカルプケア成分で根元から艶やかな仕上り


レフィーネは、楽天の白髪染めランキングで160週連続の売上第一位を記録した大人気の白髪染めです。

髪に優しい素材なので、髪がツヤツヤにトリートメントされます。
さらに、しらが染めの専門店というだけあって、9色もの中から好きな色を選べます。
効果がない場合は全額返金制度があるので安心


口コミでも評判 白髪染めのランキング

今人気の白髪染めや、白髪染め関連商品、シャンプーなどをランキング形式でご紹介しています。

 

近年、通販で白髪染めの人気に火がついて口コミでも人気、評判となっています。

 

TV通販などでも人気の商品がたくさん、販売されるようになっています。

 

きれいに染まりますし、手軽に白髪染めができると評判です。

 

 

クリームタイプの白髪染めが主流になっていますが、手にとって使用できるので便利です。

 

今は手袋をしたりヘラを使うような白髪染めではありません。

 

素手でさわっても刺激の少ない成分が配合で作られていますので安心してお使い頂けます。

 

もちろん染まり具合もいいので、おすすめです。

 

 

白髪染めについては、種類や準備するもの、選び方やアレルギー、

 

部分染めなどについても掲載していますので参考にしてみてください。

 

 

髪の毛の色でがかわることによってガラッと印象も変わります。

 

外見でも髪の毛の色というのは重要な要素の一つです。

 

白髪を染めるだけでいい印象を与えることができます。

 

人気のシラガ染めは自然な仕上がりになるのが魅力ですね。

 

こちらでは、

 

・利尻ヘアカラー
・ルプルプ
・ヘナ
・レフィーネ
・プインプル
・グリザ
・リナセント
・豊染花 白髪染め

 

などをご紹介しています。

 

 

これから白髪染めを考えている方にオススメです。

 

>> おすすめの白髪染めはコチラ! <<

 

白髪染めの種類

白髪も個性のひとつなのかも知れませんが、どうしても、白髪を隠したがる人は多いと思います。

 

白髪を隠す方法はいくつかありますが、一番早く安く済むのは「白髪染め」だと思います。

 

今や簡単に薬局やスーパーなどで手に入れられ、素人でも気軽に染められるようになりました。

 

しかし、一言に「白髪染め」と言っても、その種類は様々です。

 

「なんでもいいや」とよく見ないで購入し、実際に使用して大変な思いをすることのないように、

 

事前に白髪染めについて知識をつけておくことが大切です。

 

白髪染めには、大きく分かれて、「ヘアカラー」、「天然素材」、「ヘアマニュキア」、「スプレー」、「泡タイプ」等があります。

 

そしてそれぞれにまた細かくメーカーやアレルギー成分などが異なってきます。

 

「ヘアカラー」は、若者が髪を茶髪にするような時と同じ、白くなった髪をブラックに染めるものです。

 

「天然素材」は、ヘアカラーとやり方は同じですが、自然の素材を使った髪に優しい塗料で染めます。現在はヘナなどが人気です。

 

「ヘアマニュキア」は、髪全体を染めるヘアカラーとは違い、髪の表面だけを染めるものです。

 

「スプレー」は、よく女子高生が夏休みなど学校が休みの時に一時的に髪の毛を金髪にしたりする時に用いるものと同じで、ブラックのスプレーを白髪にスプレーし、一時的に髪を黒くするものです。シャンプーをすると色は落ちます。

 

「泡タイプ」は、シャンプーのように、髪を泡立たせながら染めて行くものです。ヘアカラーの泡タイプとも言えます。

 

このように、白髪染めにはいろいろなタイプがあるので、あなたの体や知識に見合ったものを選ぶようにしましょう。

白髪染めのときに必用な準備物

自分にぴったりの白髪染めを見つけたら、さっそく白髪染めに...。

 

と言いたいところですが、白髪染めをするにあたったは、事前チェックと準備しなければならないもの・ことがあります。

 

まず、事前チェックとして必ずやらなければならないことは、

 

「パッチテスト」というものです。これは、化粧品などでもよくやりますが、商品が自分の肌に合っているかチェックすることです。

 

もし自分に合っていない白髪染めを使ってしまったら、髪はもちろん、頭皮にまで悪影響を及ぼしかねません。

 

ひどい時には病院に行かなくてはならないほどに。

 

そうならないために、面倒くさがらないできちんとパッチテストをしましょう。

 

やり方は簡単です。髪の毛の目立たない所でちょっとだけ染めてみるのです。

 

そうすることで、自分に合うか合わないかが分かります。

 

そして、準備するものもあります。最近の白髪染めには、

 

「白髪染めキット」のように、様々な染めるのに必要な道具も入っていますが、それでも別途準備しなくてはならないものがあります。

 

白髪染めの種類にもよりますが、ぬるま湯やティッシュ、タオル等です。

 

そして、白髪染めをする塗料は大抵が油性です。一度服に付くと取れないことが多いので、

 

汚れてもいいような服を着てやることも重要です。

失敗しない白髪染めの選び方

一概に「白髪染め」と言っても、効能や使い方、効果はそれぞれ違います。

 

そのため、最近はスーパーやドラッグストア、コンビニなんかでも簡単に手に入るようになった白髪染めですが、

 

安易に適当に買って使ってはいけません。

 

白髪染めはどれでも同じわけではなく、選び方を失敗すると、皮膚に炎症を起こしてしまうことだってあります。

 

 

まずは、白髪染めをする理由を考えましょう。「同窓会があるから、その日だけは黒くしたい...」など、

 

一時的に黒くしたい場合には、スプレーが良いと思います。

 

髪や頭皮にもダメージを与えることは少ないので安全です。

 

ただし、シャンプーで簡単に色は落ちてしまいます。

 

また、水にも弱いので、温泉などに入る場合には避けなければなりません。

 

逆に、「この髪全体を真っ黒に持続させたい」という時には、ヘアカラーが良いでしょう。

 

美容院などに行かなくても、最近は自分で簡単に出来るものも売られています。

 

これはシャンプーでも取れずに、今生えている髪の毛をガッツリ黒くすることが出来ます。

 

ただし、使い方を誤ると、髪の毛や頭皮にダメージを与えます。

 

そして、日ごろのお手入れもきちんとしないと傷んだ髪の毛になってしまいます。

 

このように、製品によって様々なメリット・デメリットがあります。

 

そして、塗料が作られている材料にも注目して見た方が良いでしょう。

 

大抵の商品ははこの側面に書かれています。

 

樹木などの天然素材で作られているものから、化学塗料まで様々です。

 

効能は、薬で言う「サプリと薬品」と同じような感じで、天然素材(薬で言うサプリ)は、効能は落ちますが、体には優しいものです。

 

化学塗料(薬で言う薬品)は、効果は抜群ですが、頭皮や髪にダメージを与えるという副作用があります。

 

用途、目的、そして自分の体に合わせて、適切な白髪染めを選びましょう。

白髪染めとアレルギー

今や簡単に手に入れられる白髪染めですが、塗料も「薬剤」のひとつで、アレルギー、

 

つまり自分に合うか合わないかというものがあります。

 

 

実際は薬剤のアレルギーと一緒で、一度使ってみないと分からないものです。

 

そんな時に役立つのが「パッチテスト」です。

 

 

白髪染めのパッチテストは、髪の毛の目立たない個所に少量の塗料を塗って、

 

効果を見るもので、髪が必要以上に傷んだり、皮膚がかゆくなったりしたらその塗料は自分に合っていないことになります。

 

 

でも、パッチテストをする部分なんてない...

 

少し髪の毛を染めただけだからもっと使ってみたらどうなるのか...

 

と心配な方には、化粧品などと同じような、肌に直接塗って試すパッチテストをお勧めします。

 

 

だからと言ってすぐにはじめないで下さい!!塗料を皮膚につける時には必ず薄めて使用しなければなりません。

 

もともと塗料は絶対に肌に直接つけてはならないものです、原料のまま使ったら、誰でも反応を起こしてしまいます。

 

 

方法としては、塗料を要らないボールや紙コップなどに少しだけ出して、適量の水かぬるま湯で薄めます。

 

頭皮のアレルギーを心配している方は、肌と同じ37度くらいのぬるま湯が良いと思います。

 

薄めすぎないように注意して下さい。そうしたら、その薄めた塗料を、耳の付け根に付けてしばらく置きます。

 

塗料にもよりますが、スプレー以外は、大体1日程度様子を見るのが良いと思います。

 

 

様子を見ている間にかゆみや赤みが出てきたら、すぐに洗い流して下さい。

 

それは自分には合っていない白髪染めということになります。

 

1日経過したら、塗料を塗った部分を洗い流して、かゆみはないか、赤くなったり腫れたりしていないかを鏡を使いながらチェックします。

 

塗料を塗った箇所が、肌にもかかわらず少し染まってしまうこともありますが、2〜3日すれば取れるので安心して下さい。

 

塗料で染まった以外、何も変化がなければ、その白髪染めは自分にあったいるということになります。

 

 

種類選ばずに使って、皮膚科で大ごとにならないためにも、きちんとパッチテストをしてから使用しましょう。

白髪染めの安全性

合法的に販売されている白髪染めは、全て安全性が確認出来ている商品です。

 

しかし、使用者が「間違えた」使い方をすることがその安全が崩れてしまうこともあります。

 

 

白髪染めに限らず、商品全てに言えることですが、その商品が安全な物を使用して作られていたからと言っても、

 

人の体は十人十色です。合う人もいれば合わない人もいます。

 

 

全ての人に合う商品はまず存在しません。全ての人に合うならば、この世に「アレルギー」という言葉はないはずです。

 

 

白髪染めの話に戻りますが、この「安全性」をしっかり確保して安心して最大の効果が発揮できるように使うためにも、

 

前回紹介した「パッチテスト」は必ずやってほしいことです。

 

 

 

そのほかにも安全性に注意すべきことは沢山ありますが、よく使用者が省いてしまう行為が、

 

「使用説明書を読む」ということです。

 

 

薬剤でもそうですが、箱などに記載してある、簡単な使い方を読んだだけで、

 

中に入っている説明書までは目を通さないという方が多いのでは、と思います。

 

実は、この説明書を読まなかったために間違えた使い方をしてしまう方が多いのだそうです。

 

 

 

白髪染めの場合、使い方はイラストを交えて細かく分かりやすく書いていることがほとんどです。

 

そこには、箱に書いてある簡易な説明とか違い、詳細な注意事項なども書かれています。

 

ここを読むことが重要なのです。ここを読まずして安全性が崩れてしまい、メーカーに訴えても、「自己責任」となるだけです。

 

 

「パッチテスト」、「説明書を読む」、そして自分の体に合った白髪染めを使用することで、はじめて安全に使用出来るのです。

白髪の予防対策方法

自分に合った白髪染めを見つけるのはけっこう難しい...と思った方もいるかと思いますが、

 

白髪にならなければ悩まずに済むことです。

 

 

と言っても、白髪というものは、年齢が上がるにつれだんだん付き合わなくてはならないものになってくるのですが、

 

実は白髪は年齢だけが影響しているわけではないのです。

 

 

 

最近は若者、それも中高校生でも白髪に悩む人もいます。

 

その半面、おじいちゃん・おばあちゃんと呼ばれる世代になっても黒くフサフサした地毛の方もいます。

 

 

 

白髪には、「ストレス」と「栄養失調」が大きく関わっているとのことです。

 

 

現代社会はストレス社会とも言われるくらいストレスが街中にあふれています。

 

ストレスで病気になってしまうこともあります。

 

 

ストレスがあまりにも沢山ありすぎて、解消出来なかったり、上手く付き合えなくなったりしているがために、

 

それが体調、そして髪の毛にまで出てきてしまうのです。

 

 

自分のストレスとの付き合い方、解消の仕方を見つけるのも、白髪の予防対策法のひとつなのです。

 

 

おじいちゃん・おばあちゃんで、黒い髪のままの方を見て見ると、近所の人とおしゃべりをしたり、

 

たまに温泉などに出かけて見たり、読書や趣味を楽しんだりと、一見暇(と言ったら失礼ですが...)に見える行為が、

 

実はそのおじいちゃん・おばあちゃん達の格好のストレス解消なのです。

 

 

年齢も関係してくるため全ての人がそうというわけではありませんが、このような実例も多く挙げられているようです。

 

 

次に栄養失調。最近のサラリーマンや若者は、仕事にブラベーとにと大忙し。

 

特に仕事は中や問わず、休みの日も電話がかかってきて急遽出勤になった、など、生活時間に乱れが生じがちです。

 

そのため、1日3食も時間がずれたり、簡単なものを食べただけ、あるいは食べなかったなど、

 

食生活にも乱れが出てきます。本来なら朝にしっかりと栄養のあるものを食べなければならないものを、

 

朝はバタバタでジュース1本だけ、そして、軽くでいい夕食の頃になると、時間も出来沢山食べてしまう、

 

それも、残業で夜食と言える時間に夕食を食べてしまうなど、乱れはさらに深刻化し、

 

それがいつの間にか髪の毛に影響してくるのだそうです。体だけではなく、髪の毛にまで栄養がいきわたらなくなってしまうのです。

 

 

このように、若者にまで忍び寄ってきている白髪。現代社会と上手く付き合い、

 

白髪を防いでいく、ということも意識しておいた方がいいかも知れません。

白髪染めの注意点

白髪染めはけっこう時間がかかるので、お風呂にはいったついでにやる、という人もいるかと思いますが、

 

その白髪染めが本当にお風呂タイムに染色していいものなのかどうか、きちんと注意書きを読んでからやらないと、

 

失敗したり、炎症を起こしてしまうこともあります。

 

 

特に髪の長い人は注意です。お風呂に入りながら、ということは、裸になっているということになります。

 

その中で染色をすれば、当然肩や背中にも塗料がついてしまいます。

 

 

しかし、特に化学塗料の場合、「肌には絶対につけないで下さい」と注意書きが書かれているものが多いのです。

 

そういうものは、大抵、部屋で、汚れてもいいような服装で染色をすることを想定しています。

 

さらに、湿気や、お湯に塗料がさらされ、本来の効果を発揮出来ないこともあるので注意が必要です。

 

 

どうしても時間がなく、お風呂タイムに一緒に染めてしまいたい、という方は、シャンプー感覚で染色が出来る「泡タイプ」や、

 

「お風呂OK」と書かれているものを選ぶようにしましょう。

 

 

それから、自分でやるのが大変、上手く出来ない、自信がない、という方は、無理に自分でやろうとせず、
多少経費がかかっても、美容院で染めてもらうのもいいのではないかな、と思います。

 

 

美容院では、染色の「プロ」達が染めてくれます。

 

その人の頭皮や髪の状態を見るだけでどんな塗料がいいか分かってしまうそうです。

 

 

時間がない中誤った使い方をして炎症を起こしてしまうよりは、美容院でプロの方に任せる、

 

これも安全や注意を確保する上で選択肢のひとつなんじゃないかな、と思います。

 

 

白髪のQ&A

 

「白髪」、それには多くの疑問を持つ方もいると思います。

 

 

そもそも何で白髪になるんだろう?

 

一度白髪になるとずっと白髪なの?

 

白髪をぬけば白髪は生えないの?

 

急に1本だけ白髪になっちゃったけど何で?

 

金髪にすれば白髪は出ないの?

 

白髪って空洞なの?

 

白人は最初なら生まれた時から白っぽい髪の色だけど、日本人と何が違うの?

 

 

など、あげたらキリがないと思います。

 

 

今や老若男女を問わず白髪に悩む日本人が多い中、髪染料剤を販売しているメーカーでは、

 

白髪に関する特設ページを設けたりもしています。

 

 

また、髪に関する本も出版されています。その知識量は、ここには書けないほど膨大な量です。

 

悩む人が多い中、それだけ社会的にも白髪が注目されていると言えると思います。

 

 

また、白髪染めを購入すると、箱や説明書に、必ずと言っていいほど「お客様相談窓口」という、

 

そのメーカーの電話番号が掲載されています。もし、実際白髪染めを使うに当たって、

 

説明書を読んでも分からない...ということがあれば、お客様相談窓口で聞いてみるのもいいと思います。

 

 

お客様相談窓口で対応してくれるのは、そのメーカーのその商品の知識をふんだんに持っている方々です。

 

偽情報が多いインターネット情報サイトよりも、お客様相談窓口の方が確実な情報を得ることが出来ます。

 

 

ただし、メーカーが同じだとしても、商品が違えばまた性能も異なってくるもの。

 

前回つかった商品ではこう言われたから、この商品も同じだろう、と安易な理解だけはしないように気をつけましょう。